| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

遊技機販社のオーケーエーが事業停止、負債額は40億円 グリーンべると2022年8月3日

パチンコ、パチスロ機の販売業を手掛けていた㈱オーケーエー(本社:新潟市/金子勝浩代表取締役)は8月1日、事業を停止。自己破産申請の準備に入った。負債額は約40億円。複数の信用調査機関が伝えた。

同社は1992年2月に設立。遊技機の新台や中古機を取扱い、新潟県内のパチンコ店を主な得意先としたほか、群馬県や長野県、東京都、東北の一部などを営業エリアとして展開。2018年からは中古機の販売に加えてレンタルを開始し、2020年1月期には売上高21億8,700万円を計上していた。

しかしコロナ禍などでパチンコ店の集客が低迷し、設備投資を抑制。2021年1月期の売上高は15億9,661億円に急減した、2022年1月期も好転の兆しは見られず、同期の売上高も15億5,600万円にとどまり赤字を計上。この間、コロナ関連融資を導入するも、実質的な大幅な債務超過が続く中で資金調達に難航、今回の措置となった。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。