| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

SANKYO 2023年第1四半期決算は大幅な増収総益、「ダンまち」や「ガンダムユニコーン」が貢献 遊技日本2022年8月4日


SANKYOは8月4日、2023年3月期の第1四半期決算を公表した。それによると連結業績は売上高277億63百万円(前年同期比154.0%増)、営業利益94億55百万円(前年同期は7億68百万円の営業利益)、経常利益98億27百万円(同724.4%増)、純利益79億31百万円(同740.2%増)。新規タイトル「フィーバーダンまち」や2021年8月にリリースした「フィーバー機動戦士ガンダムユニコーン」の追加販売など、新規2タイトルと再販、リユース機などを含む計5タイトルを販売。順調に販売台数を積み上げたことから、大幅な増収増益となった。

パチンコ機関連事業の主な販売タイトルは、SANKYOブランドの「フィーバーダンまち」「フィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.」の2タイトル。売上高は264億31百万円(前年期比187.6%増)、営業利益109億63百万円(同453.3%増、販売台数台62,991(同182.5%増)。

パチスロ機関連事業では新規販売タイトルがなく、売上高6億28百万円(前年同期比38.9%減)、営業損失2億89百万円(前年同期は3億38百万円の営業損失)、販売台数は1,254台(同47.0%減)となった。

補給機器関連事業は売上高6億円(前年同期比0.6%減)、営業損失12百万円(前年同期は22百万円の営業損失)。

2023年3月期の業績予想については、5月に公表した数値から変更はなく、販売台数をパチンコ機21万台、パチスロ機3万台と計画しており、売上高1,100億円(前期比29.6%増)、営業利益290億円(同35.8%増)、経常利益295億円(同32.5%増)、純利益200億円(同8.3%増)を見込んでいる。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。