| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

セガサミーHDが通期決算を発表、遊技機事業が前期赤字からV字回復 グリーンべると2022年5月13日

セガサミーホールディングスは5月13日、2022年3月期の通期決算を発表した。そのうち、前期赤字に転落していた遊技機事業は、販売台数の増加によって、売上高前期比42.6%増の758億6,800万円、経常利益102億8,200万円(前期は113億3,200万円の経常損失)の黒字へとV字回復した。

パチスロ機では、『パチスロアラジンAクラシック』など10タイトルで、前期比4万2,597台増となる7万7,870台を販売。一方のパチンコ機は、主力タイトル『P北斗の拳9闘神』などがけん引し、5タイトルで同2万8,014台増となる9万7,027台を売った。2023年度については、パチスロ機9タイトルで8万4,000台、パチンコ機6タイトルで11万4,000台の販売を計画している。

また、遊技機事業に加え、エンタメ事業も好調で、グループ全体でも大幅な増収増益を計上。売上高は前期比15.6%増となる3,209億4,900万円、営業利益は同389.0%増の320億4,200万円、経常利益は333億4,400万円(前期は経常利益17億1,500万円)、最終利益は370億2,700万円(同12億7,400万円)となっている。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。