| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

パチスロ吉宗が6号機で復活、711枚の1G連を新たなゲーム性で再現 遊技通信2020年9月11日

大都技研はこのほど、人気タイトル最新作となるパチスロ機の新台「吉宗3」(サボハニ製)を発表、9月8日には、都内京橋の同社ショールームでプレス関係者への機種説明会を開催した。

新機種は、初代吉宗の特徴でもある711枚獲得のBBによる1G連というゲーム性を、獲得期待値約711枚というATで構成されたBBの連チャンで再現。1ゲーム純増4.0枚となるBB当選時には、3回分の差枚数上乗せ特化ゾーン突入の権利が獲得でき、そのトータル獲得期待値が約711枚というスペックになっている。

BB中は、初代を彷彿とさせる7図柄揃いによる1G連確定演出も搭載。連チャン時には、初当り時と同様、3回分の差枚数上乗せ特化ゾーンの突入が確定し、結果、獲得期待値約711枚のBBが連チャンするというゲーム性が創出されている。またボーナスは、BBとベルナビ7回で終了するRBの2通りがあり、このBBもしくはRBのどちらになるのかを、ボーナス確定後のレバーオン時の抽選に委ねられるという「叩きどころ」が設けられている点も特徴の一つだ。

ボーナスは、規定ゲーム数消化および規定ポイント到達で突入する高確率ゾーン経由パターンが主体。このポイントは、通常時の小役やレア役当選、ポイント特化ゾーンなどで積算されていき、1,000ポイントの獲得で、お馴染みの障子役物が可動する高確率演出が出現する流れとなる。

ホール導入予定日は10月6日から。



 

 

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。