| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

ファンと未来を考える「パチスロサミット2017」 グリーンべると2017年8月10日

 日電協(佐野慎一理事長)と回胴遊商(大饗裕記理事長)が共催する「8月4日はパチスロの日」を広くアピールするための恒例イベント「パチスロサミット2017」が8月5日、ベルサール秋葉原で開催された。

 今年は「みんなで考えよう。パチスロの未来を!」をコンセプトに、多数のパチンコ・パチスロライター、アイドルリポーターグループのSIRなどが勢ぞろいし、ステージイベントや豪華賞品が当たる抽選会、パチスロ目押し教室などを展開し、盛り上げた。

 さらに地下会場ではメーカー20社、計80台の最新パチスロ遊技機を用いたウルトラ試打会を開催。試打するごとにスタンプを捺印し、メーカーグッズが抽選で当たるスタンプラリーを併催したこともあり、試打会場には入場制限がかかるほど、所狭しと多くのファンが集結し最新機種を楽しんだ。

 また、2階会場では業界関係者を対象とした緊急公開討論会を開催。昨今、業界で大きな話題となっている「カジノを含むIRと遊技産業」、「ギャンブル依存症と依存問題」、「今後の遊技産業について」の3テーマを基に、元衆議院議員の杉村太蔵、よしの医院精神科医の河本泰信、セントラルカンパニー代表取締役の力武一郎、ワンデーポート施設長の中村努、エンタテインメントビジネス総合研究所代表取締役の藤田宏、パチスロライターのういちの計6名のパネリスト各氏が議論を戦わせた。司会はフジサンケイビジネスアイの青山博美氏が務めた。

 議論の中でギャンブル依存症と依存問題について、ワンデーポートの中村氏は「依存症の方は個別性がとてもあり、国によって一律化された対策ではなく、様々な対策が必要。ある人は精神科医への受診であったり、ある人は余暇活動を増やすことであったり、民間的な視点を残しておかないと、いい支援ができないと思う」と強調した。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、環境によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。