| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

玉越がPB機を開発・導入 プレイグラフ2022年1月11日

「GOLD玉越」の屋号で愛知県に8店舗を展開する玉越は1月11日、同社初のPB機「HYPER A-30 BLUE FALCON」を開発したことを発表。同25日より、系列全店に計128台を導入する。DAXEL製の30φ機で、完全告知のノーマルタイプ。上部パネルのファルコンランプが光る、もしくはその下の7セグが作動すれば、ボーナスが確定。告知割合は、先告知が15%、後告知が85%となっている。最大獲得枚数は、BBが259枚、RBが103枚。両ボーナスとも、一度だけ逆押しし、残りは順押しすれば、獲得枚数が最大となる。設定は6段階。ボーナス合算確率は169.8~118.7分の1で、出玉率は97~109%となっている。同社は、「厳しい環境下の今だからこそ、業界の一員としてファンの期待に応えていくことが一層必要であると考え、PB機の開発にチャレンジした」とした上で、「これからも、すべての人へ、『楽しい』を提供し続けたい」としている。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。