| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

マルハン北日本カンパニーが「笛吹川温泉 坐忘」の経営を開始、観光事業を第2の事業領域に グリーンべると2022年7月4日

マルハンが株式を100%保有する「株式会社坐忘resort」は6月30日、同社が運営する「笛吹川温泉 坐忘」(山梨県甲府市)の不動産取得を実行。今回の不動者取得を機に、運営と所有が一体となった旅館経営を開始した。

同温泉は山梨県を流れる笛吹川の畔にたたずむ23室の温泉旅館。日本の伝統色を元に設えた「別邸」、日本庭園に面したテラスと露天風呂付の「本館和洋室」、それぞれが独立した数寄屋造りの「本館離れ」など、趣の異なる5タイプを用意し、四季の移ろいと、日本の文化を大切にした設えを楽しめる。

同社が運営を開始した3月18日以降の営業状況は、客室稼働率や1室あたりの売上、施設の売上、いずれも前年同月を上回り好調に推移。今後も8月までに家具や什器、備品の入替を予定しているほか、2023年2月には大規模な改装、修繕を計画している。また国内だけでなく、世界から訪日する人を対象に、更なる顧客満足向上に務めていく。

「坐忘resort」の株式を保有するマルハンの北日本カンパニーでは今後、富裕層をターゲットとした観光事業を第2の事業領域とする方針だ。ホテル・旅館事業、グランピング事業、ゴルフ事業などの観光レジャー領域へ本格進出していくという。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。