| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

慶次漆黒シリーズ完結!甘デジならではの遊びやすさで大人気 グリーンべると2022年4月4日

ニューギンのパチンコ新台『PA真・花の慶次2 漆黒の衝撃』が3月15日、同社直営の《パーラーニューギン》にテスト導入された。導入台数は4円パチンコ4台、1円パチンコ5台の計9台。

同機は絶大な人気を誇った『CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃』のシリーズ最後となるECOパチスペック(99Ver.)。基本的なゲームフローは踏襲しながら、大当たり確率が1/99.90(高確率時1/59.04、転落確率1/123.65)とより遊びやすくなった。また、甘デジスペックながら、時短引き戻しを含めたRUSH突入率は約64.5%、継続率は約78%。さらに、RUSH中の大当たりの50%は700個大当たりと、実績の高い「甘デジ×慶次」の出玉感と期待感をしっかりと受け継いでいる点も特長だ。

当日は、同機を求めて若年層を中心に新台待ちの列を形成。18時の遊技開始後まもなく、数人が大当たりを引くなど、甘デジならではの大当たりの近さを体感していた。角台で遊技していた男性は、「慶次シリーズの甘デジは、ツボにハマった時の出玉感が癖になる。漆黒の転落しているかいないか、ハラハラするゲーム性が面白くて好きなので、楽しみたい」と話していた。

導入1週間後の稼働状況について、同店の加藤弘幸店長は、「4円、1円ともに稼働は堅調に推移しています。甘デジで遊びやすいこともあり、客滞率もよく、幅広い客層に支持されています」と話す。

また、10連チャンを超える出玉の塊もよく確認できるという。「慶次漆黒らしく、まとまった出玉も体験しやすいと思います。お客様から“面白い”との声もよくあがってきます。“慶次×甘デジ”の組み合わせは息の長い機種が多いです。同機も長期稼働に期待したいと思います」と加藤店長は話す。

同機の全国導入は4月4日(月)から。

満台スタートを切った『PA真・花の慶次2 漆黒の衝撃』。©隆慶一郎・原哲夫。麻生未央/NSP 1990,版権許諾証YCA-239デジタルサイネージでも同機のデビューをアピールした。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。