| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

遂にベール脱いだパチンコ『とある科学の超電磁砲』、唯一無二のスペックが特長 グリーンべると2021年12月21日

藤商事は12月20日、「とある」シリーズ第2弾となるパチンコ新台『Pとある科学の超電磁砲(レールガン)』を発表した。ホールへの納品は2022年1月下旬を予定している。

2020年11月に登場して以来、今なお根強い人気を誇る『Pとある魔術の禁書目録(インデックス)』に次ぐ、とあるシリーズ第2弾機種として、ティザームービーや特別先行サイトが公開される度に高い注目を集めていた同機。業界関係者、ファンの期待を裏切らない、唯一無二のスペック「HYBRID MIDDLE(ハイブリッドミドル)」を引っ提げて堂々登場だ。

同機最大の魅力は、“約2,000個OVER率約50%×継続率約80%”。つまり、右打ち時大当たりの50%が約2,000個以上の出玉を獲得可能で、かつ、その状態が約80%でループするという、超高性能RUSHを実現している。

通常時は大当たりからRUSHを目指す。初当たりが「超御坂美琴BONUS」だった場合は「RUSH EXTRA(電サポ100回 or 3,000回」に直行。「御坂美琴BONUS」だった場合は「超電磁砲RUSH CHALLENGE(電サポ100回)」に突入する。「超電磁砲RUSH CHALLENGE」中に大当たりすれば、「RUSH EXTRA」へ突入する流れとなっている。

「RUSH EXTRA」は電サポ中に1/68.2(実質大当たり確率)を引くことが出来れば大当たり。大当たり消化は3回1セットで、先述の通り約50%が、合算出玉約2,000個以上を獲得できる振り分けとなっている。

演出面においては、予告とリーチが前作比20%増量。ファンの声を活かし、各キャラクター演出もふんだんに盛り込まれている。また、シリーズ楽曲も全13搭載するなど、原作ファン垂涎の1台に仕上がっている。

主なスペックは以下の通り。
▶大当たり確率:1/239.2(RUSH EXTRA時1/68.2)
▶RUSH EXTRA突入率:約50%(RUSH直行込み)
▶RUSH EXTRA継続率:約80%(次回大当たり濃厚込み)
▶RUSH EXTRA回数:100回 or 3,000回(特図2当たりの内、約10%が電サポ3,000回)
▶賞球数:3&1&5&15
▶ラウンド:4R or 8R or 10R
▶振り分け
<特図1(※1)>
8R(約410個+RUSH EXTRA直行):約7%
8R(約410個+超電磁砲RUSH CHALLENGE):約93%

<特図2(※2)>
約650個(4R×3):約50%
約2,000個(4R×2、10R×1):約39%
約3,350個(4R×1、10R×2):約10%
約4,700個(10R×3):約1%

※1:特図1は実射値、その他入賞口の払出含む
※2:特図2は実射値、その他入賞口の払出含む、3回分の大当たり合算出玉

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。