| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

関係者が試打でアピールポイントを体感 アミューズメントジャパン2021年3月29日

高尾は3月26日、東京支店のショールームで、『P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージver.A』の関係者説明会を開催した。ショールーム内の装飾もカイジ一色。特に本機から搭載した新章「和也編」のキャラやRUSHの肝となる「Eカード」が目立つ場所に配置された。

アピールポイントの一つは、1種2種混合機の特性を活かした「転落式バトルスペック」。初当たりでの振り分けは、RUSH「Eカードバトルモード」突入が50%だが、通常大当たり時(50%)には、時短1回・残保留1個のファイナルチャレンジ(右打ち)に移行。それぞれ約1/6.2で図柄揃い抽選を行うため、突タイム(1/65536)を含めるとEカードバトルモード突入率は約64.9%に跳ね上がる。


緊張感のある演出もプレイヤーのハラハラドキドキ感を盛り上げる。初当たり後の「鉄骨バトルBONUS」には、6種類の鉄骨エピソードがあり、「石田」や「気圧」までたどりつけば期待度がアップ。鉄骨渡りに成功すればEカードバトルモード突入が確定する。失敗してもファイナルチャレンジに移行。時短1回・残保留1個の短勝負だが、成功率は約29.4%と思いのほか高く、利根川ギミックが土下座すればEカードバトルモードという至福の時を迎えることができる。

『P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージver.A』のほか、Eカードバトルモード突入などを下げ、TOTAL継続率を上げた『P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージver.B』も同時リリースした。導入は5月下旬からの予定。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。