| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

マルハン、やすだグループほか、大阪、福岡の大手ホールも臨時休業へ 遊技通信2020年4月7日

政府の緊急事態宣言を見込み、大手ホールが続々と臨時休業を発表するなか、ホール最大手のマルハンや、やすだグループ、平川商事、玉屋、アイランドなども4月8日から対象都府県で営業するホールを臨時休業することを発表した。

マルハンで休業するのは東京都16店舗、埼玉県8店舗、千葉県10店舗、神奈川県13店舗、大阪府33店舗、兵庫県15店舗、福岡県6店舗の合計101店舗。パチンコ店のほかにも同社が経営する新文芸坐(東京都)、ボウルアピア柏中央(千葉県)、タイトーFステーション柏中央店(千葉県)もあわせて臨時休業にする。休業終了日はいずれも政府の方針・社会情勢を鑑みて決定するという。今回の臨時休業についてマルハンでは「今後も政府の方針に基づき、感染拡大の抑止とお客様および従業員の安全確保を最優先に考え、必要な対応を実施いたします」としている。

やすだグループは4月8日から東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県で全26店舗を臨時休業する。営業再開については決定次第、店舗ポスターやホームページ、メール、LINE等で案内するとしている。都内ではほかに秋葉原のアイランドが8日から当面の期間、臨時休業に踏み切ることを発表した。

また、大阪府を中心に「ARROW」を展開する大手ホール・平川商事も緊急事態宣言発出に伴う対応として、政府からの緊急事態宣言が発出された場合、対象都府県の対象事業の臨時休業を実施すると告知したほか、福岡県の玉屋でも4月8日から県下の14店舗で臨時休業を実施する。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。