| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

日拓グループ、キコーナグループなども臨時休業へ 遊技通信2020年4月7日

日拓グループは4月7日に発令される緊急事態宣言を受けて、4月8日から全15店舗を当面の間、臨時休業すると告知した。営業再開は決定次第、店舗ポスター、ホームページ、LINE等で案内する。

また、全国で約150店舗を経営するアンダーツリーも6都府県(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・大阪府・兵庫県)の全115店舗を4月8日より臨時休業させると発表した。休業する店舗は兵庫県36店舗、大阪府46店舗、神奈川県22店舗、東京都4店舗、千葉県5店舗、埼玉県2店舗。臨時休業は「当面の間」としており、終了日時は未定。

さらに、7都府県の55店舗を臨時休業すると発表していたダイナムの関連企業、夢コーポレーションも千葉県3店舗、兵庫県1店舗、福岡県1店舗の全5店舗を4月7日より営業休止することを決定した。営業再開日は未定で、政府・自治体の判断や各種状況により決定するとしている。

報道などによると、特措法に基づく東京都の緊急事態措置案では、「特に強く休止を要請」する対象にパチンコ店も挙げられている。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。