| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

東遊商と回胴遊商関東甲信越支部がスマート遊技機をテーマに合同勉強会 グリーンべると2022年6月23日

東遊商と回胴遊商関東甲信越支部は6月22日、都内港区のホテルヒルトン東京お台場で、スマート遊技機などをテーマとした合同勉強会を開催した。当日は、組合員企業をはじめ、ホール、メーカーなど幅広い職域から多くの業界関係者が会場を訪れたほか、一般ファンも参加した。

登壇した日工組の榎本善紀理事長は、スマートパチンコについて、「2割増しのゲーム性を実現できる環境が整ってきた」とし、来年予定されているホール導入に向けた期待感を訴求した。一方、スマートパチスロについて言及した日電協の兼次民喜理事長は、すでに明らかにされている差枚数管理および有利区間ゲーム数上限撤廃といった規制緩和を強調。「これらは奇跡に近い画期的なこと。一撃で獲得できる上限には自主規制をかけていくが、今の6号機とは比較にならないゲーム性が実現でき、必ずプレイヤーを魅了する」と語りかけた。

また兼次理事長は、スマートパチスロリリース後の市場環境について、「ノーマルタイプを除く、100万台全てがすぐに置き換わるわけではない。メダル式も当分併売されていくことになるだろう」とし、また将来的な予想としては、メダル周りの設備機器が不要となるスマート遊技機の普及に伴い、駅前小型店が増加してくるのではといった見解を示すなどした。

さらに勉強会では、POKKA吉田氏、大崎一万発氏、ヒロシ・ヤング氏がスマート遊技機をテーマに討論。大崎、ヒロシの各氏は、スマートパチスロについて、「楽に打てるのが大きなメリット」との所感を表したほか、兼次理事長が示した駅前小型店の台頭についてヒロシ氏は、「そういう店が増えれば、気軽にちょっとした空き時間に遊ぶことができるようになる」と述べ期待感を示した。

【最新記事】

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。