| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

ユニバーサルエンターテインメント1Q決算は大幅な増収、黒字浮上 遊技日本2022年5月12日

ユニバーサルエンターテインメントは5月12日、2022年12月期の第1四半期決算を発表。売上高は前年同四半期比89.1%増の277億35百万円、営業利益23億25百万円(前年同四半期は営業損失40億40百万円)、経常利益109億06百万円(同経常損失19億61百万円)、純利益83億62百万円(同純損失52億06百万円)となり、対前年同期比で大幅な増収、黒字浮上で着地した。

遊技機事業の売上高は前年同四半期比201.6%増の162億38百万円、営業利益は52億87百万円(前年同四半期は営業損失15億25百万円)。当四半期には、パチスロ機では「沖ドキ!DUO」の増産販売、「バーサスリヴァイズ」、「パチスロ デビル メイ クライ 5」、「SLOTマッピー」など計35,647台を販売。パチンコ機は「Pナムココレクション2」シリーズを市場投入し、2,092台を販売した。

統合型リゾート(IR)事業の売上高は112億86百万円(前年同四半期比26.2%増)、営業損失4億98百万円(前年同四半期は営業損失3億86百万円)。なお同社グループが運営するIR施設「オカダ・マニラ」は、フィリピン政府が3月1日から新型コロナ対策の規制を緩和したことを受けて、カジノ、ホテル、飲食、リテイル、エンターテインメントなどすべての事業において、施設収容能力の100%を上限とする運営を認めらている。

メディアコンテンツ事業などその他事業の売上高は1億79百万円(前年同四半期比22.3%減)、営業損失27百万円(前年同四半期は営業利益9百万円)となった。

通期の連結業績予想については未定としている。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。