| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

兵遊協青年部総会、上程4議案を可決承認 遊技通信2021年6月21日

兵庫県遊協・青年部会は6月18日、神戸市のANAクラウンプラザホテル神戸で第46回定時総会を開催し、「第9回はぁ~とふるふぁんどフェスタ」の実施を含む事業計画を策定するなどした。
 
開会に向けて挨拶に立った米田邦広部会長は、新型コロナ禍の影響に揺れる昨年来からの流れを振り返りながら、「休業要請を巡って一部のホール対応がマスコミによってスケープゴートにされ、業界の社会的信頼に影響を与えた。また、パチンコ店が三密になりやすくクラスターが発生しやすい場所であるかのようなイメージダウンを受けたが、一方で、全国遊技場青年部連合会が作成したホールの換気実証実験の映像によって、ホールの換気能力が他業種施設の中でも非常に優れていることをテレビやマスメディアを通じて多くの人々に知らしめることができたことは大変画期的なことだった。今年度もわれわれ青年部会は、次代の業界を担う人材の育成を目的に、各種研修会の開催や情報交換会など、活動の活性化と拡充に努めていくことで業界発展に寄与していきたい」と述べた。また、米田部会長は青年部会の特色を活かした社会福祉貢献活動に力を入れたいとの考えを示した上で、部会員に今年度実施予定の「第9回はぁ~とふるふぁんどフェスタ」への協力支援を呼び掛けた。
 
新井智裕氏を議長に選任して行われた議案審議では、上程された全4議案を全会一致で可決承認した。事業計画では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の徹底をはじめ、社会貢献活動の強化など全5項目の重点活動を策定した。来賓には兵庫県警察本部生活安全部の岡村好文保安課長と、兵遊協の平山龍一理事長が臨席。岡村保安課長はホール駐車場での幼児車内事故防止、および旧規則機の計画的かつ確実な撤去を要請。平山理事長は、人付き合いが難しいコロナ禍において他府県青年部会との親交は今後必ず役立つ、としながら、今後の青年部会活動に期待を寄せた。
 

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。