| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

全日遊連、「企業のイメージ広告」にも自粛を要請 グリーンべると2020年3月12日

全日遊連は3月10日、新型コロナ感染症対策として組合員パチンコホールに要請している広告宣伝の自粛を含めた適切な対応について、改めて更なる配慮を求める文書を各都府県方面遊協の理事長宛てに発出した。

集客を目的とした広告宣伝について全日遊連は、2月28日付けで新型コロナ問題が沈静化するまでの間、自粛を含めた適切な対応を求めていた。

一方、一般社会からはパチンコ業界の取組みに対する関心が日に日に高まっており、3月6日には衆議院内閣委員会において早稲田夕季衆議員が、続く3月10日には菅義偉官房長官に対し一般紙記者が、ホール営業の自粛(休業)の必要性について質疑した。

質疑に対し政府側は「警察庁から業界に対しハンドルなど遊技機の不特定多数の人が触れる場所の消毒など感染防止措置を要請している」「業界団体では広告宣伝の自粛を各営業所に求めている」等と発言。この模様は一般報道等でも大きく取り上げられている。

こうした状況を踏まえ全日遊連では今回、改めて集客を目的としたテレビ、ラジオ、新聞広告、チラシ等の広告はもちろんのこと、集客を目的としていない「企業のイメージ広告」についても、自粛を含めた適切な対応を求めた。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。