| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

高射幸性パチスロ機の撤去、9割以上のホール関係者が「影響ある」と回答 グリーンべると2020年10月22日

シーズリサーチは10月20日、パチンコ業界の景気動向の判定を目的とする「第82回 パチンコ景気動向指数(DI)調査」の結果を発表した。

ホール営業における収益や売上、粗利といった「全般的業況」では、休業要請による過去最大の悪化から回復がみられたものの、3カ月後も厳しい見通しとなる結果となった。

またトレンド・ウォッチでは「営業状況とコロナ禍での社会貢献活動」についてホール事業者に質問。高射幸性パチスロ機撤去後の入替予定や影響、遊タイム機の導入状況や評価を調査結果としてまとめた。

そのうち、高射幸性機の撤去後の入替予定については、「新台と中古機を同程度で入替」という回答が6割以上(62.8%)を占めた。以下、「中古機中心に入替」(19.2%)、「新台中心に入替」(9.0%)と続いた。その一方で、高射幸性機の撤去を目前に控えた今なお、「未定」と回答しているホール事業者が1割近く(9.0%)存在することも、同社では留意ポイントに挙げた。

高射幸性機撤去後の影響については、9割以上のホール事業者が「影響がある」と回答した。内訳は「とても影響がある」(59.0%)、「やや影響がある」(32.1%)などで、「まったく影響がない」の回答割合が0%であったことも含めて、撤去による影響は避けられないと考えるホール事業者が大半を占めた。

調査に協力したあるホール事業者は、営業の現状や先行きに対し「コロナ禍と撤去問題が重なったために、非常に厳しい状況が継続すると感じる」(関東・中規模事業者)とコメントしている。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。