| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

ボーナス+完走型ARTタイプに進化/パチスロ ひぐらしのなく頃に祭2 グリーンべると2020年10月21日

オーイズミは10月21日、新台『パチスロ ひぐらしのなく頃に祭2』のオンラインプレス発表会を開催した。同機の納品開始は12月20日を予定している。

シリーズ最新作の同機は、ボーナス+完走型ARTというスペックを採用し、ボーナスタイプでは現行最高レベルの出玉性能を実現した。一方、リール制御やゲーム性は、シリーズ機の良さを踏襲した作りとなっている。

ボーナス(合算確率約1/197~約1/173)は、同色BB(最大202枚)、異色BB(最大160枚)、RB(最大56枚)の3種類で、BB時はART突入確定となっている。ボーナス終了後は、新搭載の回避ナビポイント高確率ゾーン「カケラ紡ぎ」を経由した上で、お馴染みのCZ「運命分岐モード」に移行。演出クリアでART「運命の解」に突入する。

「運命分岐モード」は、「中を押せ!」演出発生時に、中押しを行い、ベルが停止すればART、リプレイが停止すれば転落のピンチとなる。ベル停止時は、第2停止を左リールにするか右リールにするかで目押し難易度を選択。その後、難易度に応じた目押しを第3リールで行い、ARTのゲーム数(30G or 50G)を決定する。

リプレイ停止時は、第2停止のリール箇所で、転落回避の成否が決まる(※この際、回避ナビポイントを予め獲得していれば、貯めた%に応じて、回避ナビが発生する可能性がある)が、例え転落した場合でも、残りリールの上段もしくは中段に白7の目押しが成功すれば、次回CZ天井が400Gから200Gに短縮される。

ART「運命の解」は、純増約1.0枚の完走型タイプとなる。1セットの継続ゲーム数は30G or 50G or 90Gで、前半のエピソードパートではストーリーが展開し、キャラクターが近づくほど、ボーナス期待度がアップ。後半(ラスト10G)の連続演出クリアでボーナス確定となっている。

オンラインプレス発表会の冒頭、同社の大泉秀治代表取締役は「前作は、5号機時代において技術介入という概念が生まれた瞬間だ。ホール稼働貢献週が40週と、長きに渡り高稼働を維持するなど、多くのユーザー様に支持を頂いた。本機で最もこだわったのは、“ひぐらし”と“うみねこ”両方の遊び方ができる究極のリール制御。映像も全て新規描き下ろしとなっており、シリーズ最高傑作を是非、体感頂きたい」と挨拶。同機のクォリティに自信を覗かせた。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。