| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

NEXUS、グループ初の売上高3,000億円に 遊技通信2019年10月5日

NEXUSグループは中核会社であるNEXUSホールディングス株式会社の子会社2社、NEXUS株式会社と株式会社パラダイスの前年度決算を発表した。

 

NEXUSの売上高は前年対比104・8%となる2,609億円、営業利益は同163・1%の62億円だった。同社は2018年8月に「Dステーション神栖店」を、同12月に「Dステーション仙台コロナワールド店」を出店。厳しい業況のなかで展開した事業拡大と営業費用の減少(前年対比95・6%)によって増収増益を達成した。一方、パラダイスは3月期決算で売上高が654億円、営業損失として14億円を計上。これにより2社の合計売上高は3,263億円となり、グループ合計の売上高が初めて3,000億円を超えることになった。

 

今期の見通しとして同グループは「高射幸性遊技機の撤去による入替え、禁煙化に関わる喫煙場所の設置など多額の設備投資が予測され、営業利益の確保を継続することが喫緊の課題」としながら、数店舗の新規出店を継続して事業規模の拡大を図っていく、としている。なお、創業25周年となる今期はグループ全体で売上高3,600億円、営業利益60億円を見込んでいる。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。