| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

NEXUSが増収減益、売上高は2,488億円 グリーンべると2018年10月12日

 群馬県を中心に《D’ステーション》を展開するNEXUS(高崎市、齊藤人志取締役社長)は10月10日、2018年6月期の決算を発表した。売上高は前年比102.6%の2,488億円、営業利益は前年比45.5%の38億円だった。

 売上高は6店舗の新規出店と2店舗の大規模改修で増収となり、営業利益は費用増加により減益となった。同社では、「遊技人口減少のため収益を維持することが難しくなっているが、増客施策と効率的な運営で、その影響を最小限に抑えることができた」としている。

 2019年6月期は、《D’ステーション神栖店》(茨城県神栖市)をはじめ数店舗の新規出店により、売上高2,600億円、営業利益60億円を見込んでいる。

 また、2017年11月に長崎県佐世保市の株式会社パラダイスを子会社とし、12店舗をD’ステーションとして出店。17年11月初旬から12月下旬まで改装期間として休業したこともあり、パラダイスの18年3月期の売上高は439億円(前年比92.6%)となった。19年3月期は売上高600億円を見込んでいる。

 前期はグループ合計で2,928億円の売上高となり、今期はグループ合計で3,200億円の売上高を見込む。


各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。