| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス

パチンコ業界ニュース

広報は「事の本質」を見抜く、日遊協フォーラム グリーンべると2018年8月17日

 日遊協は8月7日、ホール企業や遊技機メーカーなどを対象にした「第2回 広報担当者フォーラム」を開催した。

 冒頭の挨拶で韓裕副会長は「広報の重要性というものが非常にクローズアップされている。IRとのすみわけや依存問題などがある中、業界や個々の企業が、世の中や利害関係者に対して、正しく情報を発信していくことが求められている」と広報の役割を強調した。

 続いて、ウォーク&トーク株式会社の佐藤敬臣代表取締役による「広報の本質と情報発信について」と題した講演が行われた。訴求対象を曖昧なものとせず、しっかりとしたステークホルダー(企業の利害関係者)を決めて、意味のある情報発信をしていかなければならないとして、広報のあるべき姿について語った。

 その後、車内放置事故が起きたとした想定問答を出題。どのような会見を行うか、誰を出席させるか、想定される質問は何か、の内容でグループディスカッションが行われた。まとめとして佐藤氏は、「様々な意見が出ましたが、正解というものはありません。ただ、なぜメディアが記者会見を要求してきたのか、事故が起きたのは体制の問題なのか、体質の問題かをはっきり発信していかなければならない。また、社長自身が事の顛末をしっかり認知しておかなければ、体質の問題につながりかねない。その意味でも、記者会見でのオペレーションは社長であることが望ましい」と総括をした。

 その他、5名1グループによるグループディスカッションが行われ、「広報としての社内での取り組み」「業界のイメージアップ」の2つのテーマに沿って協議がされた。

 当日は、日遊協会員企業の21社30名が参加。平成31年2月に3回目の開催を予定している。

 なお、今回参加した企業は下記の通り。
アサヒディード、西の丸、日拓ホーム、安田屋、フィールズ、永和商事、ヒカリシステム、山佐、正栄プロジェクト、NEXUS、マルハン、京楽産業.、大商、ノースランド、北電子、善都、プローバホールディングス、夢コーポレーション、ニューギン販売、ベストアンサー、東和産業

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。